スポンサーリンク

3/25 チョイス@病気になったとき 変形性股関節症

3/25 チョイス@病気になったとき 変形性ひざ関節症 のまとめ

の続きです。

変形性股関節症について

股関節は関節の中でももっとも負担が

大きいのだそうです。

股関節の軟骨がすり減っていった状態を

変形性股関節症といいます。

スポンサーリンク

神奈川県 神奈川リハビリテーション病院

病院長 杉山肇先生によると

変形股関節症はよくあり、痛いと思わなくても

症状が進んでしまっていることがあるんですって!

股関節は多くの筋肉や靭帯に守られているため

悪化していても痛みを感じない場合も

あるとのこと。

変形性股関節症の症状は股関節の痛みとして

現れるとは限らず、

腰やでん部(お尻)やひざの痛みとなって

現れることもあるそうです。

股関節にはいろんな種類の神経が通って

いるため、違う場所が痛くなる場合が

あるのだそうです。

変形性股関節症の症状として

足の爪がうまく切れない、あぐらをしにくい、

靴下が履けない、左右に揺れて歩く

などが出る場合があるとのこと。

臼蓋形成不全という状態だと、

骨盤の発達が不完全で、

大腿骨の受けが少なく

通常より少ない状態で

体重を支えなくてはいけないのだそうです。

赤ちゃんのころに足を自由に

動かせていないと起こりえるとのこと。

人工関節置換術

主に60歳以上が対象、入院は一ヶ月程度、

術後は脱臼に注意だそうです。

骨切り術

対象は主に50歳未満、入院は2ヶ月程度、

術後は再手術の可能性があるのとのこと。

股関節にいいストレッチ法です。

椅子に腰掛けて足は肩幅くらいに開き、

ひざをリズミカルに揺らします。

椅子にバスタオルを敷き、その上に浅く腰掛け、

ゆっくりと骨盤を前後に傾けます。

1日10回を2セット

悪い例は、あごを上げたり、胸を突き出さない

枕を床に敷きその上にうつぶせになって

小刻みにおしりをふります。

背中は揺れないように注意します。

1日30秒1セット

あおむけになり両膝を揃えてひざをたて

内ももがじんわりと伸びるのを感じた

ところで元の体制に戻します。

1日10回を2セット

悪い例は腰が上がってしまうこと。

腰を床につけたまま行います。

ストレッチはインナーマッスルを動かすこと、

力を抜いた状態で関節を動かすことが

大事なのだそうです。

ベストチョイスへの道は

画像診断で早期発見

まずは運動で痛みの緩和を

痛みが続く場合は手術を選択

体重を支えない運動で筋肉を鍛えることが

大事ですね。

水中ウォーキングやエアロバイクが

ここにも良いです。

また、骨格調整は股関節にも良いです!

軟骨がすり減ってしまう前に

骨盤のゆがみや大腿骨のゆがみを直すことで

股関節の負担を減らすことができます♪

変形性股関節症は女性が9割ということは

出産による骨盤の変形が大きく

影響していると思われます。

3/25 チョイス@病気になったとき 変形性ひざ関節症

3/25 チョイス@病気になったとき 変形性股関節症