スポンサーリンク

3/15 ためしてガッテン 突然死を招く血管の危機 のまとめ

3月15日に放送された ためしてガッテン 突然死を招く血管の危機 をまとめました!

コメンテーターは山根千佳さん、高橋英樹さん、福田彩乃さん です。

今回のテーマは、痛みや自覚症状がほとんどなく、

症状が出るときには手遅れの状態が多いという

_人人人人人人_
> 大動脈瘤 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

スポンサーリンク

今回の主役、

_人人人人人人_
> 大動脈 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

は、心臓から血液を全身に送り出す一番太い血管で、直径2〜3cmもありますっ

大動脈の一部が知らず知らずのうちに瘤(コブ)のようにどんどん膨らんだのが

_人人人人人人_
> 大動脈瘤 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

です!

最悪は瘤が破裂してしまい、突然死を招きます(>_<)

この大動脈瘤、自覚症状はない、とされてきましたが、

腹部大動脈瘤の場合、12%に腹痛の自覚症状がみられたそうです。

胸部大動脈瘤の場合、21%に声のかすれがみられたそうです。

『声帯』にサインが出ることがあることがわかったそうですよおおおお!

番組に出てきた方は、声がかすれる症状が3ヶ月続き

耳鼻咽喉科を受診したところ、先生から

「これは私の手に負えない、すぐこのまま行きなさい!」と

大動脈の専門家がある病院を紹介されCT検査をしたところ、

破裂寸前の大動脈瘤が見つかったそうです。

つまり

ノドの奥を診ることで大動脈瘤を発見することができるそうですっ!

※ただし、「声のかすれ」のすべてが大動脈瘤によるものではありません。

耳鼻咽喉科でノドの奥を診てもらって、すぐ大動脈瘤の危険がわかるというのも驚きです

正常な声帯と危険なかすれ声の声帯の比較です。

声帯は震えて閉じたり開いたりして声を出しますが

危険な方の声帯はきちんと閉じられなくなっています。

こちらが声帯と大動脈瘤の模型です。

脳からの指令が神経を伝って声帯を震わせますが

神経の片方(左手側)は胸部大動脈をまたいで通っているため、

大動脈瘤ができると神経が圧迫されて、うまく声帯が動かなくなる

というメカニズムなのだそうです🤔

危険なかすれ声の場合、左手側の声帯が動かなくなって声がかすれますっ!

大動脈瘤が声帯の神経を圧迫してしまう確率が21%、

これが大動脈瘤による声のかすれを感じる原因でした。

声帯につながる神経が大動脈をまたいで繋がっているのは一部の人に限った話ではなく、

人どころか動物もそうなんですって。驚きですっ(O_O)

国際医療福祉大学の渡邊雄介教授によると

以前から胸部大動脈瘤の方の一部は声がかすれる症状が出ることがあると言われていた。が、胸部とノドで離れているため、周知されていなかった。
もし声がかすれているのが気になる方は、 検査を受けていただくのがよいが、心当たりがないのに声がかすれる場合、自分でわかる目安として
「あー」と発声するのが10秒以上続かない場合は声帯の麻痺が疑われる。

反回神経(声帯)の麻痺がある場合、

大動脈瘤以外に、甲状腺がん、肺がん、食道がん、などが隠れている場合もあるそうですっ

時代劇とかで具合悪そうな人が声がかすれているのは

こういうことだったのかっ😁