美肌には毛細血管の健康から!

726271fd4d37c17f84006ea61078b383_s

以前、NHKBSテレビ

カラダのヒミツ~美と若さの新常識1~ 「お肌ツルツル!血管のヒミツ」

で、お肌と毛細血管の関係について紹介されました。

 

今、資生堂、花王などの化粧品を扱うメーカーが注目しているのは、

美肌と毛細血管の関係なのだそうです。

毛細血管が衰えていくことが、お肌の老化につながっていくそうです!

 

人体にある血管の、ナント99%が毛細血管なのだそうですよ。

毛細血管の太さは1/200mm!

この細さで、身体の中だけでなく、お肌のスミズミまで栄養と酸素を

血流に乗せて運ぶわけですね٩( ‘ω’ )و

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-19-54-21

毛細血管の外側には壁細胞と呼ばれる細胞が所々に張り付いています。

壁細胞が張り付くことで栄養や酸素が漏れにくくなっているのですが

それが年齢を重ねるにつれて、外側を覆う壁細胞が剥がれていきます。

50代になると3割近く剥がれてしまうとも言われています。

 

こうなると栄養や酸素が途中で漏れてしまい

体の隅々まで栄養や酸素が届かなくなってしまいます。

 

栄養がなくなると、例えば線維芽細胞はコラーゲンを作る能力が衰え、

肌に弾力がなくなり、シワの原因になります。

つまり肌の老化という現象がおきてきます。

健康的な美肌を維持するには毛細血管はとても重要だということです。

 

また毛細血管は、様々な慢性炎症によって劣化し

毛細血管自体がゴースト化して消えていってしまうことも起こります。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-19-56-35
上の写真は、年代別の毛細血管です。

30代はスムーズに流れていますが、

40代になると形が歪んできています。

60代になると一部がゴースト化しています。

 

こういった毛細血管の消滅や壁細胞の剥がれなどを防ぐには、

日頃の生活習慣、食生活がとても大切だそうです ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

毛細血管を増やす画期的な方法は今のところないそうですが、

少しでも血管を維持する方法や食べ物をご紹介します!

 

 

■血管年齢を若く保つ習慣は?

 

1.適度な有酸素運動

背伸びをしたり、肩を回すなどのストレッチをちょこちょこ行う

通勤電車で軽くかかとを浮かせる、

歩くときは早めの歩調を心がける、など

 

2.青魚をよく食べる

DHA、EPAが血流を良くし動脈硬化を予防します!

 

3.ぬるめのお風呂にじっくり入る

40度以下のお風呂に30分〜1時間ほどゆったりと入ることで、

心臓に負荷をかけないで、血流を良くします♪

 

4.お化粧はがんばり過ぎない!

保湿は大事ですが、お化粧はゆるーく、お肌に負担をかけない。

お肌がきれいな人はみんなそうおっしゃっているそうです。

神経質になり過ぎないことも大事みたいですっ

退勤してオフになったらすぐお化粧を落としていました(^-^)

 

 

■血管年齢を若く保つ食べ物は?

 

1.ヒハツ(別名:長コショウ、ヒバーチ、ピーヤシ、ピパーツなど)

沖縄そばで使われる香辛料だそうです。

毛細血管のTi2という物質を活性化して

壁細胞を剥がれにくくする接着剤を強化する働きがあります。

つまり毛細血管の劣化を防いでくれる働きがあり、肌の老化を防いでくれます。

1日数mgで効果があることは確認されているそうです。

沖縄そば大好きー!✌︎(‘ω’✌︎ )三✌︎(‘ω’)✌︎三( ✌︎’ω’)✌︎

 

2.シナモン・ルイボスティー

シナモン、ルイボスティーもTi2が活性化するのでオススメです。

シナモンにはまた、血行を良くし老廃物を排出を促進させる効果があるので

シミ予防も期待できちゃいますっ

 

NHKテレビ「ためしてガッテン」でもシナモンが

毛細血管に良い食べ物として紹介されていました!

アンチエイジングの新常識 毛細血管ケアSP

 

資生堂の研究センターで

毛細血管の復活に効果が期待できそうな200種類の食材を調べた結果、

シナモンにその効果があることが分かったそうです。

実はシナモンは、漢方では桂皮(ケイヒ)と呼ぼれ、

昔から親しまられている生薬なのだそうです。

桂皮は以前から血流改善に効果があることが知られていたそうですよおおお!

 

 

■血管に悪い物質は?

 

AGEs

血管に悪い物質として注目されているのがAGEsという物質。

肉や魚の焦げ部分に多く含まれているものです。

皮膚の細胞や血管の壁にくっつき錆びたように変化し、

劣化を招くといいます。

なるべく焼き物よりも刺身などの生のものや煮物がオススメです。

 

 

美肌には毛細血管の活性化ということも大事だったんですねー♪

 

読んでいただいたあなたに いいことがありますように♪

banner-blog-with2-net

イイね↑と思っていただけたらクリックお願いします

スポンサード リンク